診療方針

おおとね動物病院では、病気の予防・早期発見に力を入れております。

飼い主さんの家族の一員である動物たちに声をかけながら、
触診、聴診などを行い、和やかな雰囲気で診察しています。

インフォームドコンセント※の徹底に努めています。

『どうしてこんな症状なの?』 
   
『治してあげるにはどうすればいいの?』
    
『これからの生活で注意しないといけないことは?』

飼い主さんの疑問やご不安にお答えできるように、
病気や検査結果、今後の治療方針について、
わかりやすく、ていねいに説明するよう心がけています。

ご遠慮なくご質問ください。
診察、治療、料金等についてご不明な点がございましたら、
ご遠慮なくご質問ください。
セカンドオピニオンについても対応しております。
服用中のお薬や各種検査の結果資料がお手元にございましたらご持参ください。
高度医療機関への紹介
必要に応じて専門性の高い動物病院、各大学付属動物病院への紹介も承っております。

※ インフォームドコンセントとは
獣医師が飼い主さんに対して、動物の病気や治療内容などについて説明をし、そのうえで動物の治療に関する同意を得ることを言います。

動物の治療は、飼い主さんと獣医師が二人三脚で協力して
取り組むことが重要です。

診察中に、ご自宅での動物たちの状況(食欲や元気の有無、排泄の状態、行動の変化など)について
お聞きすることがあります。
  ふだんから動物たちの様子や行動をよく観察してあげてください。

診察時にはできる限り、飼い主さんは動物たちのそばに
ついていてください。

これは動物たちに不安を与えないためであると同時に
飼い主さんにも治療に参加していただくための当院の方針です。

病気や症状にあわせて、計画的に治療いたします。
早く良くなるように、お互いがんばって治療を進めていきましょう。

院長自己紹介

院長の獣医師の似顔絵

獣医師 高梨 啓
群馬県前橋市出身
宮崎大学農学部獣医学科卒
梅島動物病院(東京都足立区)で勤務、研修を経て、
2008年、おおとね動物病院開院。

おおとね動物病院院長の高梨です。
病気のことはもちろん、動物たちの健康のこと、しつけのこと、ごはん(フード)のことなど、なんでもお気軽にご相談ください。

スタッフ紹介

獣医師 院長、勤務医3名(計4名)
動物看護師 6名

■獣医師 木部 恵(日本獣医生命科学大学獣医学部卒)

■獣医師 福島 未穂(酪農学園大学獣医学部卒)

■獣医師 彦部 佳那子(日本大学生物資源科学部獣医学科卒)

■動物看護師 丸橋 亜未

■動物看護師 中嶋 海鈴

■動物看護師 舩久保 風花

■動物看護師 静 麻衣

■動物看護師 小林 恵里佳

■動物看護師 小林 奈保(休職中)